【艦これ】E1「作戦準備!後方兵站線確保」難易度甲【初秋イベント2018】

例の時期です。二期になってから初めてのイベントとなるが、前回が収集イベだったこともあって資源は潤沢なので落ち着いて攻略していきたい。

編成

軽巡練巡2海防艦3駆逐艦1で最短ルートを通れる。史実艦や大発装備可能艦などは温存したいところ。

体感的に潜水艦への攻撃が外れやすくなっているので、できれば先制対潜艦6隻で編成したい。そのかわり道中撤退率も上がるが、自分の場合は戦艦2駆逐2の軽支援で乗り切った。撃破後の感想としては別に支援を使わず警戒陣でゴリ押ししても良かったような気はする。

また地味なことだが道中が短いことで疲労が溜まりやすいので、旗艦をローテーションして疲労を分散させると連続出撃がしやすくなるかもしれない。

道中・ボス

GFの道中2戦を経由してボスへ。

【Gマス】単縦・複縦・梯形のパターンがある。海防艦を狙われると辛い。

【Fマス】一見すると補給艦たっぷりで美味しいマスだが編成によってはPT小鬼が登場して嫌らしい。

【ボス】もはや常連となった潜水新棲姫。編成的には特筆するところもない。

結果

いきなり二連続撤退で面食らったのでエコ支援を登用したところ、ボスマスへの到達がかなり安定するようになった。その後は機械的に反復出撃してなんとかクリア。日振が夜戦突入ぎりぎりで決めてくれて助かった。

過去と比較するとE1としては多少はパンチがあったが、とはいえ難易度としてはかなり易しめだ。

目玉報酬

火力+1、対潜+2、索敵+7、命中+9 と電探としてはかなり高水準。

ひとつしか持っていないので地味に嬉しい。E2以降の輸送ゲージや陸上型深海棲艦との戦いで大いに活躍してくれるだろう。

おわりに

普通に攻略できたという感じ。さっさと次の海域へ行こう。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)