【艦これ】7-1で谷風レベリング

昨日のアプデで「谷風丁改」が実装されたが、例によって慢心していたためレベリングをすることにした。第二期となってレベリングに適した海域が極端に減ったため迷ったが、結局は定番となりつつある7-1で行うことにした。

7-1でレベリングを行うメリットとしては、

  • 経験値効率が良い(旗艦に置くだけで一周約1,500EXP)
  • 疲労がつきにくいので2セットほど用意すれば連続出撃可能
  • バケツを含め資材をあまり消費しない
  • あ号作戦の消化に向いている

などが挙げられる。

基本は先制対潜艦で固めればいいのだが、Gマスが通常の水雷戦隊なので対策が必要。軽巡枠は阿武隈・由良はほぼ確定として、駆逐艦は火力の高い改二艦、1スロ先制対潜で主砲を載せやすいケッコン艦や朝潮改二、無条件で先制対潜可能なJervisやSamuelなどが有力候補となる。

そういった点を考慮して、編成は以下のような感じに。

五月雨とMaestraleは育成目的なので本来は向いていない。ただこれでも安定して周回できているので多少は育成艦を混ぜても問題はなさそうだ。極端に火力の低い睦月型や神風型、海防艦を避ければ他はあまり気にしなくてもいいかもしれない。

上記の編成に加えて由良を中心とした艦隊を用意し、その2セットをローテーションした。作業をしながらの周回だからかもしれないが疲労抜きの必要などはなかった。ガン回しする人や阿武隈二隻目がいる人などは3セットが確実かもしれない。

とりあえずこれでLv55からLv63まで上げることができた。目標のLv70までは微妙に遠いが、来週中には達成できそうに思う。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)