【天鳳】2月の振り返り

なんとも言い難い一ヶ月となった。以下が今月の成績。

3位から始まる不調

まず特筆すべきは圧倒的な3位率の高さである。これは自省録にも書いたように2位を確実に取るという意識の低さもあるのだが、それ以上に明らかな偏りによって3位を量産させられた側面も大きい。怒涛の七連続3位などもあってこのような成績になってしまった。

そしてそのままの勢いで不調が訪れた。9日に昇段した後は圧倒的な好調で2000ptまで一気に上り詰めたので特上卓を完全攻略した気分になっていたのだが、この3位地獄の後からラスも量産することになり一気に原点まで舞い戻ってしまった。

3位というとポイントが減らないのであまり影響がないと思うかもしれないが、実際は無為な時間を過ごしたという感覚に襲われるので蓄積することでじわじわと打ち筋に影響を与えてくる。トップを取りたくて仕方がなくなってくるのである。レートがみるみる下がるのも地味に痛い。不運に見舞われたという理由ももちろんあるが、やはり3位量産の最中に打ち方が狂ったということも当然あるように思う。

イケる感と来月の目標

ただ一方で手応えがあったのも確かである。一度は2000ptを上回ることができたのは六段というフィールドで戦うことができるという自信にもなった。昇段は嬉しいものだが、自分の場合はそのたびに降段も頭にチラついてしまう。今回についてはそういった心配が現状は少ないのが何よりだ。

それを踏まえた3月の目標はこちら。

  1. ミスを減らす
  2. メンタル維持
  3. 降段しない

Aについては完璧に打つという大それたことは言えないので、A級のミスを減らせるようにしたい。最近は時間切れによる暴牌や捨牌のチェック忘れなどが目立つ。Bは具体的には「不調時にはこうする」というような改善策を決めておきたい。今までは気にせず打ちまくるという方法を取っており、それもあながち間違いでもないのだが今月においてはマイナスに働いてしまったように思う。そしてCについては弱気な目標と取られるかもしれないが、現状で7段に行ける見通しも無いし、とりあえず六段を維持したまま特上卓を戦い抜くということにしたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)