【天鳳】六段昇段のお知らせ

今月の目標だった六段昇段を達成することができた。以前のアカウントで運良く六段になれたのが2016年だったので、実に4年ぶりとなった。

月初めは一日で5ラスを引くなど最悪のスタートとなったが、そこから好調が訪れて見事に巻き返すことができた。好調の要因は基本的にわかりにくいものだが、今回に関しては心当たりがある。「お知らせ本」を読んだことである。

鬼打ち天鳳位の麻雀メカニズム (マイナビ麻雀BOOKS)
お知らせ
マイナビ出版 (2019-08-23)
売り上げランキング: 33,850

その中に以下のような一文がある。

手なりに進めてリーチを打つ、後手を踏んでしまったら13枚を使ってベタオリする。このシンプルな方針は非常に強力です。

これを読んだときに自分は本当に衝撃を受けた。「そんなんでいいんだ」と思ったのである。その頃の自分は足りないであろう鳴きや読みの精度を上げようと四苦八苦していたのだが、それが成績に直結せずにやきもきしていた。それだけにこの文に出会ったときは大げさだが救われたような気持ちになった。それからは主軸を門前にし、結果的に打点力と守備力の双方の改善に繋がった気はする。

この本の内容は高度なので現状の自分がすべて吸収できたわけではない。というかまだ全部読めていない。ただ天鳳位が書いた本ということもあって天鳳プレイヤーにフィットする内容は多いと思う。なによりも天鳳位というのは麻雀に対してここまで思考を働かせているのかと驚愕させられた。得られるものが多い一冊だ。

去年に天鳳を本格的に再開してからというもの、正直なところ自分が成長できている実感が沸かなかった。勉強はしているのだがいまいち結果が伴わず、挙句の果てには二度の降段を経験する始末。それもあって過去の自分が到達していた六段になることには実はかなりのこだわりがあった。六段になることができれば少なくとも後退はしていないと思えるからである。それだけに今回の昇段の達成感はひとしおだった。ここから七段への道はかなり険しいが、あまり急がず気長に頑張っていきたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)