【夏イベ2020】E4「反転!敵任務部隊を撃て!」難易度:甲→乙 攻略後記

間違いなく今後の転換点となる海域でした。

第一ゲージ(輸送)

死ぬほど迷ったのはE7のために瑞鳳を温存するかどうかだったが、現状ではそれなりに攻略法も確立されているためE4にて採用してしまうことにした。それ以外は特効艦を中心に選んでいるだけだが、霞をE2にて採用してしまったのが今思えば痛かった。

とりあえずはこの編成でS勝利はかなり安定した。

淡々と周回して第一ゲージを破壊すると、新たなゲージが出現。ただ現状でルートが存在しないためにギミックを解除しなければいけない。例によって割愛。

第二ゲージ(輸送)

機動部隊を編成。

工夫点は特になし。

こちらも死んだ目で周回して終わらせると、いよいよ最終ゲージが出現する。これまでの輸送とは違ってガチンコバトルだ。ただまたギミックを解除しないとボスへは到達できないというクソ仕様。

第三ゲージ(戦力)

削り編成

とりあえずは鬼門のXマスを安定して抜けられるかどうかが最重要なので、那智と足柄を連撃装備で採用。それでも普通に撤退するときはする。

破壊編成

結論から言えばこの編成では難易度甲をクリアできていない。ただそれなりに練った編成ではあるので限りなく正解には近いのではないかと思っている。

難易度変更に至るまで

第三ゲージも削りからの装甲破砕ギミック解除までは順調だったものの、ラスダンが沼って心が折れたため難易度を落とすことにした。ボスマス自体の難易度というよりは、出撃ごとに基地航空隊と艦載機の熟練度付けに膨大な時間がかかることに嫌気がさしたことが大きい。最近の艦これは何をするにも時間がかかりすぎる割に、それに見合った魅力があるようにも思えなくなってしまった。

乙に変更したところ、昼戦にてあっさりと撃破。さっさとこうすれば良かった。

個人的にはここで難易度変更する勇気を持てたことは良いことだと思っている。おそらく難易度甲に固執したまま攻略していたら今度こそ引退していた。今後も艦これを続けるために、力を抜いた遊び方を学ぶ頃合いなのだと思う。その一歩目となったことは大きい。

E5もそれほど難しい海域ではないらしいが、面倒なので難易度乙でいいかなと思っている。

 

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)