【夏イベ2020】E2「瀬底島、その先へ――」難易度:甲 攻略後記

E2は新艦である「迅鯨」のドロップが確認されているので様子見期間も兼ねつつ丙掘りしていたのだが、一向に成果が無いので攻略に乗り出すことに。

第一ゲージ

編成は記録し忘れたが、前述の丙掘りを輸送連合艦隊で行っていたため、攻略も同様の編成で行うことにした。

【追記】霞を採用したけど勿体なかった。E4にて大発&カットイン要因として活躍してくれるため。E2で使うなら霰のほうが無難かと。

道中はかなり易しめ。戦闘数も少ないのでありがたい。

ボスはおなじみの集積地棲姫。いつもどおりにボコボコにしてさしあげた。ほぼストレートクリアだった。

その後、簡単なギミックをクリアすることで第二ゲージのボスマスが出現する。

第二ゲージ

温存気味の編成。とはいえ攻略は終始順調だった。

感触としては第二ゲージは適当でもそれなりにどうにかなりそう。ただボスマスでダイソンがいるのでカットイン艦が複数いると安定するように思う。

鬼門はRマス。基地航空隊はここに飛ばして安定を図った。ボスは本隊のみで殴り飛ばす想定だ。

削り中、Rマスにて迅鯨が無事にドロップした。あとはボスを倒すだけだ。

第一ゲージと同様に道中撤退もほとんどなく、あっさりとゲージ破壊となった。ここまで苦戦らしい苦戦が無いのはなによりだ。

とりあえずの目玉装備(乙での入手可能)。潜水艦専用の装備ではあるが、強力な装備は何個あってもいい。

楽勝でした。E3もクソヌルとの噂だ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)