【プロ野球】岩瀬・荒木・浅尾が引退

浅尾の引退は昨日の段階で発表されていたが、それに続いて岩瀬仁紀・荒木雅博の二人が今年いっぱいで引退することが報道された。

日本記録を持つ浅尾も無念ではあるが、自分としてはやはり中日を支えたベテラン両名が引退することに衝撃を受けている。過去にも言ったことがあるが自分は昔は中日ドラゴンズのファンであり、その頃のチームを支えていたのがまさにこの二人だった。それがだいたい20年前なので現在まで現役でいること自体がある意味では異常なのだが、それでも唐突なことだったので寂しさを感じる。

有名人の訃報を聞くときにも思うことだが、これからは自分が全盛期を見てきた野球選手の引退に立ち会うことも多くなるのだろう。最近になって引退する選手が無性に多く感じるのは実際に数が増えたというわけではなく、自分が見知っている選手が多いからそう感じるだけのことなのだろう。時代の移り変わりということなのだろうが、その瞬間に立ち会っている現状にいささか狼狽せずにはいられない。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)