『Elona』が楽しい

Elonaというのは非常に有名なフリーゲームである。その知名度はもはやフリーゲームの域を越えて、ある種の信仰のようになっている。それほどに特殊であり、かつ面白いゲームなのである。

自分の最近の傾向として「気軽に没頭できるゲーム」を追求していたのだが、このゲームはそれに完全に合致するゲームだった。しかしElonaは決して敷居が低いわけではない。むしろ有名なフリーゲームということに釣られて新規は多いのだが、その操作やシステムの複雑さゆえに「最もゴミ箱に葬られたことが多いフリゲ」などという賞賛されてるのか揶揄されてるのかわからない称号を得ているゲームだ。ただ個人的にはこのゲームはその部分さえクリアできれば非常に魅力的なゲームになると思っている。実際に自分も過去に何回かこのゲームをインストールしてはアンインストールしてきた人間だが、腰を据えて楽しもうと思って始めてみれば、その過去が勿体なく思えてくるほどである。自分が求めているゲームはこれだったと言っても良い。

感触としては「2D版スカイリム」と言ったところだろうか。とにかく何でもできる。そして障害が非常に多い。ややもすると「障害が多い」というのはゲームの面白みを損なう要素でもあるのだが、自由度が高いゲームにおいてはそれこそが重要なのである。適度な障害を乗り越えつつ自らの臨む生活を謳歌する。刺激があるからこそ飽きがこないのである。

抽象的なので具体的に言うと、基本的には依頼をこなしたりダンジョンに潜って金を稼ぎながら、武器を買ったり家を買ったりペット(女の子もいる)を買ったりして進めていくゲームである。そしてそれはこのゲームを構成する要素の一部でしか無い。長年のファンがいるのも容易に頷けるほどに奥行きの深いゲームなのである。とりあえずは他のゲームをやる間の繋ぎとして遊んでいきたいのだが、気付くとこっちに腰を据えてしまって困っている。

5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)