『賭けの考え方』

という本を読んでいる。ポーカーのゲーム性やそこで起こりうるミスなどについて書いてある本なのだが、それが麻雀をやる上でも参考になることばかりなのである。やはりポーカーと麻雀は似たゲームなので学べる部分が多いと感じる。例えば「長期的視野でプレイする」とか「正しい決断を下すことを優先させる」とかである。

これを購入したのはポーカーだけでなく麻雀にすらもそれほど興味の無い時期だったように思う。たまたまKindleのセールになっていたから買ったのだが、それが今になって響くとは思いもしなかった。現状で自身の麻雀において最も必要なスキルがメンタルコントロールだと思っているのでこの本から多くを学びたい。レビューを見ると投資に関する心構えを学ぶ書としても人気のようだ。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)