『笑ゥせぇるすまんNEW』を見た

1989年版で喪黒福造役を務めていた大平透が2016年に逝去したため、今作では玄田哲章が代役となる。これは大平が生前に「喪黒福造の後任は玄田」と明言していたことによる。実際に演じている声を聞いていても違和感を感じるようなことは特に無かった。あの独特のイントネーションや笑い方を完全に再現しているのはさすがとしか言えない。

第一話は「白昼夢」「ご利用は計画的に」の二本立てとなっている。過去にコミックス版を何冊か読んだが「白昼夢」はよく覚えている話である。『笑ゥせぇるすまん』のなかではそこまでブラックな話ではないのだが、それが逆に強く印象に残っていた。今作では過去にアニメ化されなかったエピソードが中心のようだが、それ以外にもアニオリやリメイクも制作しているとのこと。

余談だが「ご利用は計画的に」のヒロイン? として阿澄佳奈が声優を務めている。実はこれが本当の目的だったりする。阿澄佳奈の演技というのは不思議なもので、最初はどう聞いても「阿澄佳奈」にしか聞こえない声が、しばらくすると完全にキャラクターの声として聞こえてくる。このアニメにおいても当初は珍しいタイプの人物を演じていることに気を取られていたが、最終的には阿澄佳奈の存在が消えていた。

また「ご利用は計画的に」には嫌味なOL役として、ドロシー・ウェストの声優でおなじみの澁谷梓希さんも登場しております。ドロシー役のドロシーという感じでハマっていた。

 

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)