『博多豚骨ラーメンズ』『新幹線変形ロボ シンカリオン』『citrus』『三ッ星カラーズ 』

これにて一話の感想は終わりだが、すでにほとんどのアニメが中盤に差し掛かっていて辛い。

『博多豚骨ラーメンズ』

ふざけたタイトルからは想像できないほどバイオレンスな世界観。特に決まった主人公というのがいるわけではなく、群像劇のように展開されていくのかなと感じた。

『新幹線変形ロボ シンカリオン』

子供向けアニメには違いないのだが、新幹線がロボットに変形するというのはベタながらもワクワクさせられた。

『citrus』

エロレズアニメ。

『三ッ星カラーズ 』

作画が『苺ましまろ』っぽいと思っていたが、内容もそれを感じさせるシュール系ほのぼのロリアニメだった。普通に笑えて面白い。『よつばと』などが好きな人は楽しめるのではないかと思う。

 

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)