『プリティーリズム・レインボーライブ』が面白い

流れのままに視聴したシリーズではあるが、普通におもしろい。スピンオフ作品が人気を博すなど元々の評価が高い作品なのでそう思うのも当然なのかもしれないが、自分に当てはめるとやはり『プリパラ』に世界観が似通っているというのが大きいのかなと思う。

主人公の彩瀬なるの純粋バカさはどことなく真中らぁらと被るし、また福原あんの直向きさなども南みれぃと被る感じはある(声優が同じというのもあるかもしれないが)。涼野いとと北条そふぃは同じクール属性でも性格は似ても似つかないが、ただ謎多き点では共通する部分もあるのかもしれない。

とにかく一話を視聴した時点で安定した面白さを実感できる作品である。比較するのは良くないかもしれないが、尻上がりな『ディアマイフューチャー』とは違って今作は序盤から安定した運びができていると感じる。ただあえて厳しい見方をするなら、序盤が良いだけで後半がグダグダになるようなアニメにはならないでほしいところだ。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)