『ハイスクール・フリート』を見ていた

放送当時から見ていたアニメだったが、ニコニコで一挙放送していたので見ていた。放送していたときは「なんとなく見ていたアニメ」という印象だったが、こうしてあらためて視聴してみると普通にひとつの作品として面白いアニメだと思った。

まずキャラが多いながらもそれぞれに特徴があって可愛いし、それでいて最終回まで作画が崩れたりすることがない。制作側としてはそれなりに気合の入っていたアニメだったのかもしれない。またOP曲がかっこいい。傑出とは言えないが、あらゆる部分で評価できるアニメだったと思う。

ではなぜにそれほど印象の強いアニメでは無かったのだろうか。それはひとえにそのシーズンの他アニメと比較しているせいである。『ハイスクール・フリート(以下『はいふり』)』は2016年春アニメであるわけだが、その時期は『あんハピ♪』『三者三葉』『宇宙パトロールルル子』といった神アニメがひしめき合っていた。単体で評価すれば『はいふり』もかなり完成度の高いアニメなのだが、他が優れているだけに比較するとそうでもないように見えるわけである。例えば『はいふり』が2017年春アニメだったら文句なしに神アニメである。評価とはそういうものだ。

【関連記事】
2016年春アニメ 大総括

2