『シン・ゴジラ』を見た感想

まずこの映画は東日本大震災を経験した国民だからこそ心に響くものを持っていたと思う。冒頭から目につくのは、結論を先延ばしにする政府、そして危機感を持たず何かがあればすぐにスマホをいじくる民衆である。これは現代における日本人の悪徳だと自分は思う。しかしそういった点もゴジラの登場によって変化してくる。最初はいまいち頼りなかった政府も次第に力強さを持つようになり、また国民にも緊迫した空気が流れるようになる。これは違う見方をすればゴジラの襲来が国民の意識を変えたということだ。ゴジラを災害と考えたとき、それによって失うものは非常に大きい。しかし考え方を変えれば得られるものもある。前半にはそういったメッセージがあるように思った。

しかしそんな自分たちを嘲笑うかのようにゴジラは最終進化を遂げ、絶望的な力の差を見せつけられる。人間の成長などは圧倒的な力の前では無意味、と言わんばかりである。前半にあった楽観的な空気が後半で消え失せたことからも、本気のゴジラが人間に与えた絶望感は凄まじいことだったろう。しかしそこまでの力の差を見せつけられても、生きている限りは立ち止まることはできない。無理なのは理解していても、それでも前に進もうとする登場人物の姿には人間の魂の奥にある力強さを垣間見れたし、そういった姿は震災を経験し、なおも復興の道半ばにいる日本国民にとっては特に響くものがあったのではないかと思う。

色々と思ったことがもう少しあった気がするが、評価されている理由は概ねこのような要素があるからだと感じた。少なくとも自分はそういう見方をしたし、だからこそ感動できた。

5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)