『キラッとプリ☆チャン♪ミュージックコレクション DX』が届いたので感想

発売日以降の発送になるかと思いきやフラゲできてしまって小躍りしたので感想となります。まず表紙については例によって女児向けアニメとは思えないような象徴的な雰囲気を感じさせるデザインとなっている。流れ星を背景としているのは1期がアンジュの進退を中心に展開していたからだろう。

盤面も同様のデザインとなっている。写真だとわかりづらいが肉眼で見るとキラキラと光っていて綺麗だ。

また限定特典としてブロマイド(画像左)が封入されていた。画像右はステッカーなのだがこれが特典なのか全種類に封入されているのかは不明。例によって貼る場所も無ければそもそももったいなくて貼れないので、大切に保管しておこうと思う。

DX版なのでディスクは合計3枚あり、そのうちの1枚はDVDだ。ノンテロップ版のOPやEDに加え、作品内のライブ映像なども収録されている。とりあえず通して視聴してみたが、こうしてあらためて見るとプリチャンにも短いながら歴史があることを実感する。たくさんの楽曲が生まれ、たくさんのキャラクターが登場し、さまざまな成長を遂げていることを映像を通して感じることができた。今週のプリチャンも楽しみだ。

4


1件のコメント

  1. 音源化を待望されていたプリパラのライブ新曲が12曲も収録されたプリパラの世界をまだまだ堪能できるアルバム『プロミス!リズム!パラダイス!』も聞いてください(懇願)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)