『インスマウスの影』読書感想

クトゥルフ神話でお馴染み「ラヴクラフト」の全集がKindleセールの対象になっていたから買ってみた。正直なことを言うとクトゥルフ神話は某アニメ以外の知識はほとんど無いのだが、1巻に収録されている『インスマウスの影』は前々から興味があった。実は『インスマウスの影』はOblivionというゲーム内のとあるクエストのモチーフになった話なのである。寝る間も惜しんでOblivionをプレイしていた自分にとっては、いつかは読んでみたい作品だった。

一応のジャンルとしてはホラーということもあり、読み進めるに連れて緊迫感のある恐怖が募っていく。途中からは思わず引き込まれてしまい、一気に最後まで読んでしまった。ただ個人的にはインスマウスの街での一連の出来事よりも、主人公の核心に触れる結末の部分に何とも不気味さを感じた。後味が悪すぎるというか。

ラヴクラフトの作品はこれが初めてなのであまり偉そうなことは言えないけれども、『インスマウスの影』からも感じられる鬱々とした猫写がクトゥルフ神話をモチーフにした作品全体の特徴なのではないかと思った。あまり連続で読みたいような話でも無いので、気が向いたら残りの話も読もうと思います。1巻に収録されている他の作品タイトルも『闇に囁くもの』『壁のなかの鼠』『死体安置所にて』と碌なもんじゃねえ。

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)