『アニメガタリズ』『妹さえいればいい。』『URAHARA』『干物妹!うまるちゃんR』

一話だけで評価をくだすのは良いことではないと思いますが、アニメの数が多すぎるので一話で評価をくだすのも良いと思います。

『アニメガタリズ』はアニメを語るアニメである、と勘違いしていた。古今東西のアニメ事情について語るような社会派アニメだろうと予想していたのだが、想像以上にファンタジックな展開だった。そして正直なところそれで少し萎えたところもある。とりあえず二話も視聴しようと思う。

『妹さえいればいい。』は気持ち悪すぎる冒頭からそれなりにいい感じの第一話ENDまでいくのだが、現状では主人公の「妹好き」という属性がなにひとつ意味が無い。過ちをおかしそうになるような可愛すぎる弟がいるのだが、おそらくそれが実は妹だった、という展開になっていくのだと思う。公式HPにそんな感じのことが仄めかされている。それがどのような展開になっていくのかによって視聴を決めたいと思う。

『URAHARA』はポップな色彩が特徴的なのだが、個人的にはこういう萌え絵チックな作画には合わないように感じる。こういった色彩を特徴にするなら今敏や細田守のような、それなりに写実的な作画のほうが合うように思う。現状ではほとんど魅力を感じていない。

『干物妹!うまるちゃんR』こそが真の『妹さえいればいい。』である。以上。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)