「shotcut」という動画編集ソフトが使える

Youtube用の動画を最近は編集している。用いる編集ソフトと言えば今まではAviutl一択だったのだが、最近になって問題が生じるようになってきた。長時間の動画を編集する際に重すぎるのである。単純なカット編集をするだけでも読み込みやらで毎度1分間ぐらいフリーズするので、ただでさえクソ長い動画の編集にさらに手間がかかっていた。

そこでカットだけでも別のソフトでやろうと思って見つけたのが「shotcut」である。まず問題のカット編集は軽くてかなり快適だし、操作も感覚的に行えて簡単である。かつて存在した「ムービーメーカー」に操作感が近いように思う。動画出力も早いし今のところ文句のつけようがない。不要な部分のカット編集はこちらでやり、それ以外の細かい編集及びエンコードはAviutlに任せるというやり方が現状では自分の最適解だ。

気に入ったものが無い場合は有料のソフトの購入も考えていたので得した気分である。

3+


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)