「Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!」のざっくりとした感想

全体を総括するには内容が濃すぎるし書きたいことが多すぎるので、特に印象に残った部分の感想を思いついた順で書いていきたいと思います。ちなみに昼夜通しでの参加です。

通しで参加して良かった

前回の「ハロプリ」のときも昼の部と夜の部で内容の違いはあったが、それはMC担当が変わるぐらいで楽曲はまったく同じだった(それが悪いと言っているわけではない)。それに対して今回は昼と夜でセットリストがまったくの別物と化しており、それだけに通しで参加した満足度も高かった。

ドレッシングパフェの偉大さ

今回のライブは単純にドレシの曲が多めという側面もあったのだが、それを差し引いてもその存在の大きさを実感しまくった。『Ha Cha Me Cha テレパシー』でシオン(山北早紀)が乱入してきて笑わせてくれたかと思えば、それ以外の曲では高い歌唱力で圧倒させてくれるのに加えメイキングドラマを再現するなどのパフォーマンスも欠かさない。歌唱力とコント力の両方が高く、この三人はライブ向きだと感じた。

斎賀さんがイケメンすぎる

最初に見たときに、普通にどこかのお兄さんが紛れ込んでるのかと思った。見た目でまず仕上がってるのに、歌えば圧倒的な歌唱力。格好良すぎてカメラさんも張り切りまくっている気がした。自分も思わず「きゃあああああああ」ってコメントしてた(コメント欄があってライブを見ながら書き込みができる)。

無観客生配信ライブの可能性

カメラやコメントの話をして思い出したが、前回以上に無観客生配信でのライブの持つ可能性を感じることができた。前回と同様にライブ映像に加えてコメント欄も用意されており、視聴している人とやり取りしながらライブを見ることができる。ノリが完全にニコニコ動画なので面白く、また合間のMCではそのコメントに出演者がリアクションしてくれたりもする。また澁谷梓希さんはライブ前のコメントに参加してくれたりもしたらしい(結果は偽物扱いされたが)。

また今回の最大の特徴としてドローンのカメラがあったことだ。出演者の合間を飛び交って撮影するので普段はあまり見られないような角度からの映像が見られる。上空視点からの映像なんてライブで始めて見たかもしれない。ただもちろん課題もあって、一度ドローンが墜落して映像が完全に止まったところがあった。個人的にはそういうハプニングも含めて面白かったが、とはいえ無いに越したこともないので精度を上げていく必要はあるのかなと思う。

もしかすると今後はこういう形式のライブがスタンダードになるかもしれないし、その先駆けを自分の好きな作品がやってくれているというのは個人的には素晴らしいことだと思うしありがたいことだとも思う。次にも期待したいところだ。

ノンシュガーの可愛さ

生のノンシュガーを初目撃したのだが、全員が同じぐらいの身長でひと目で可愛らしかった。単独ライブまで開催される理由がわかった気がする。その単独ライブはコロナの影響で延期となってしまったわけだが、もしかすると生配信での開催という可能性もあるのかもしれない。

いまだに新曲が生まれる作品

『プリパラ』は2018年に終了を迎えた作品なわけだが、それでもいまだに新曲が発表されているという事実は素直に凄いと思うし、非常に嬉しいことである。2019年にはイベントのみで披露された新曲を集めた「プロミス!リズム!パラダイス!」というアルバムも発売されている。そういったこともあるからか、出演者が新曲を期待できる環境になっているのは素晴らしいことだ。

今回のライブで緑風ふわりの新曲が初披露となっていたが、ふわり役の佐藤あずささんがそれに感極まって泣いてしまう場面があった。自分も完全にもらい泣きしてしまったわけだが、冷静に考えるといまだにそんな出来事が起きること自体に驚きもするわけである。

終了から二年以上経ってもいまだにライブが行われ、しかも新曲まで期待できる。そんな『プリパラ』という作品を好きになれたことに改めて感謝することができた。そんな素敵なライブでした。 

1+


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)