「Animaze by Facerig」を使ってみた

Vチューバーになりたかったので使ってみた。

AnimazeはFacerigの後継ソフトということで精度が上がっているらしくそれなりの期待をしていたのだが、実際に使ってみるとアバターの顔面がバグりまくってあまり実用的ではなかった。自分の表情筋が死んでいるだけかもしれないが、笑ったりしてもアバターにまともに投影されないのである。またメガネをかけたり飲み物を飲んだりしても認識がおかしくなるので根本的に自分に向いていない。カメラ自体が安物なのがそもそもの問題なのかもしれないが、よく考えたらそこまでしてバーチャルの世界に入門したくはないので諦めることにする。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)