「疲れた」→「歩かない」

ランニングで「歩かない」ということは意外と大切かもしれないと思ってきた。もちろん絶対的に歩いてはいけないということではない。無駄に縛りをきつくして、それで走ること自体が嫌になってしまったら本末転倒だ。ただある程度慣れてきたのなら「もう走れない」と思ったとしても、それを振り切ってゆっくりでも走り続けることができるかどうかが成長の分かれ目のように思えてならない。

ランニングは体力以上に気力の作用が大きい。「疲れたら歩けばいいや」という気持ちで延々と走っていれば、ずるずると悪い方向へ向かってしまう。そう思ったので最近は歩きたい衝動に駆られても、そこで踏ん張って最後まで走るようにしている。そうやってみると、普通に走れる。いつも走っている距離なのだから当たり前だ。結局は本当に体力的に疲れているわけではなく、楽をしたいという気持ちが先行しているだけなのだろう。こういった踏ん張りの繰り返しが、いい結果を招けばいいと思う。

 

1


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)